スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ろうきん友の会20TH その3

松喬一門会 083
さて平成21年7月5日(日)15時開演の、ろうきん友の会20周年記念落語会のトリは、六代目笑福亭松喬師匠の「禁酒関所」でした。小浜市働く婦人の家大ホール満員のお客様も大満足の1席。何と言うかテンポというか言葉のスピードが、ほんまに心地よいのですわ。マクラからもう完全に出来上がってしまってますから、あとは師匠の思いのまま。番頭から丁稚からお侍まで、お客様の頭の中のスクリーンにきっちりと映し出されている様子。師匠が体を揺らすと、お客様の肩も揺れるような塩梅で話が進みます。この噺もじつによくできたストーリーで、アイデア合戦から復讐戦に変わるところがいいですねえ。お侍がかわいそうだと思うお客さんは、何人くらいいてはるでしょうか。ほとんどいてへんでしょうねえ。この噺ができた背景には、庶民の侍中心の社会に対する風刺が効いていて、その歴史的背景には現代にも通じる、、、、なんて野暮なことはなしにして、純粋に松喬師匠の世界にどっぷりと浸る心地よさを感じていただけたと思います。いやあ、せやから落語がすっきやねん。

comment

Secret

プロフィール

ちりとて落語の会

Author:ちりとて落語の会
「ちりとて落語の会」は
若狭地方に落語文化を根づかせていくことを目的とした住民有志の会です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。