スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彦八祭りご報告

ああなんということでしょう。平成21年9月6日が、若狭小浜ちりとて落語の会にとって運命の日となりました。ほんまにこんなにうまく事が運ぶなんて算段の平兵衛もまっつぁおですわ。小浜で有名なおっさんがいてはりまして、暇があったら全国あちこちで講演してはる、きーさんですが、そのきーさんが「大笑い七福神音頭」ゆうのんをこさえたんが発端です。聞けば、今年の彦八で七福神にちなんだ3on3が計画されてると。こりゃあただほっとけんなあと、さっそくあやめ師匠にお願いしましてん。ほたら出てもええよ、というご返事をいただきました。hikohachi09 028hikohachi09 022
ちゃーんとステージに上げてもろうて、気持ちよう唄ってますのがせっちゃんです。商店連盟作成の衣裳つけて踊ってんのが、ちりとて落語の会の連中です。このあとはバスケの応援をさせてもらいました。暑かったでっせー、ほんま倒れる寸前でした。そやけど、この後に大事なお茶子クィーンコンテストがありますのんで、倒れるわけにはいきまへん。おととしが準グランプリ、去年が審査員特別賞、今年は念願のグランプリを取りにバスを仕立てて、小浜からきてますねん。今年こそ3度目の正直、石の上にも3年、3年たったら乞食の子も5歳ちゅうわけですhikohachi09 106
なななんということでしょう。小浜予選を勝ち抜いて本番に臨んだ、小浜信用金庫にお勤めのTさんが、本当に頂いてしまいました。グランプリです。しらんぷりと違います。今年は13人の出場者がそれぞれに芸達者で、正直勝ち目はないと諦めかけていたのですが、なんということか、素朴な控えめさと一途な生真面目さが勝因ではないでしょうか。そしてこれは小浜の風土そのものであります。これは大変なことになりました。小浜が彦八祭りのひのき舞台で評価されたのであります。本来、若狭小浜はいにしえより・・・・・・(以下つまらんのでカットしときます)本当に、委員長のあやめ師匠、バスケのご担当の仁勇師匠、お茶子ご担当の三風師匠はじめ上方落語協会の皆様、三喬師匠ほかご支援いただきました皆さんに感謝申し上げます。毎度おさわがせしてすんませんでした。ありがとうございました。これからも、若狭小浜で落語会を真面目に企画して、落語を楽しむ風土を築きたいと思います。こんごともよろしくお願い申し上げます。

笑丸さん大活躍

hikohachi09 001
この後ろ姿は、林家笑丸さんに間違いございません。傍らのウクレレケースが何よりの証拠です。時は平成21年8月30日午後7時、所は小浜市堅海(かつみ)地区です。地区の夏祭りのゲストとして芸達者な笑丸さんにご登場願いました。真夏の夜に神社の境内で屋外の仕事ですから、虫の心配も夕立の心配もいろいろあったのですが、さすが日頃からご精進のよい笑丸さんで、本番はまったく問題ありませんでした。問題あったのは裏方でして、MDのスイッチャーなどを担当してまして、写真を撮る暇もありませんでした。MDも用意していただいた機材がいまいちで、都合3台目にしてやっと音が出た次第。焦りました。高座の方は、笑丸さん「自分でもなんでか解らんけど、時うどん久しぶりに出してしもうた、なんでやろ」と不思議がってはりましたが、お客さんには大受けでした。その他、後ろ紙切りに玉すだれなど、松崎市長さんはじめ老若男女全員にばかうけのたっぷり1時間あっという間でした。なんと紙切りのモデルになったおやっさんからは、差し入れのお米まで頂戴しました。終わってからも区長さんからおほめの言葉をたくさん頂戴しまして、毎年来てくれとありがたいお言葉を頂きました。

観音市寄席<羽賀寺>

染二観音市 018
平成21年8月2日、おなじみの羽賀寺は観音市寄席です。桂三扇さんと林家染二師匠に来ていただきました。お二人とも小浜市には、何度となく来ていただいています。染二師匠は、実は前日に「敦賀落語の会」に出演されてました。ほんまに気さくなお人柄で、今年3月には宮川小学校でもワークショップをしていただいてます。今日は、その時の生徒さんたちも来てくれました。いつもお茶子をしてもらっている「初香(ういか)」ちゃんもその一人です。まずは、三扇さんの「平林」から始まりました。三扇さんは福知山に住んではりまして、ドラマちりとてちんの真のモデルということです。そっとしておきましょう。「平林」と「君よモーツアルトを聴け」の2席を演じてくれはりました。
染二観音市 023
かたや、染二さんは「皿屋敷」と「かわりめ」を。なんともぜいたくな合計4席でした。実は、この日はちりとて落語の会にとっても、記念すべき日でした。というのも、待望の大鼓、締め太鼓、ドラなどの鳴り物を一式そろえることができたのであります。一切を染二師匠が、大阪でいろいろと探してくれはりまして、安くていい出物を手にいれることが出来ました。念願の鳴り物の練習も、今後の会の仕事として一生懸命頑張りたいと思います。これを機会に、読者の皆さんも一緒に鳴り物の練習にお越しくださいませんか。一番太鼓、二番太鼓など一緒に練習しましょう。お楽しみはこれからですよ。

はまかぜ通りちりとてちん寄席7月例会

haten 024
月亭八天師匠の高座です。TVでお馴染みの月亭八方師匠のお弟子さんです。お弟子さんですが、師匠の八方さんにネタを仕込んでいるという未確認情報があります。たぶん冗談でしょうが、ことほど左様に八天さんの本格的正統的な芸風が、そんな冗談をほんまやと信じ込ませます。ちりとて落語の会では、ポイントラリーを実施しています。ドラマでよく出たネタ25噺を、実際に生で聞いてもらい、そのたびに台紙にハンコを押して10ポイント貯まれば、サイン色紙などをプレゼントさせていただいているのですが、25噺の中には、何回も出る話もあればなかなか出ない噺もあるわけです。その出にくい代表格が「算段の平兵衛」でした。正直、ポイントラリーに入れてしまって失敗したと思っていました。ところが、「週刊落MAGA」で八天師匠が独演会で演られたというニュースを聞いて、天の助けとばかり速攻で連絡させていただきました。新潟の御予定が先に入っていたらしいのですが、無理を申し上げ、なんとか小浜を優先して頂きました。八天師匠は、平成19年7月1日第2回観音市寄席で羽賀寺に来てはりますので、小浜は2回目ということになります。前座の八斗さん、三味線の寺西美紀さんと車で来てくれはりました。

haten 026
その八斗さんです。今日の高座が入門して4回目という、初々しい八斗さんです。表情がいまいち硬いような、マクラが思っているように言葉が出てこないような、やばいかなと思った瞬間に、「色事根問」にすっと入ってあとは練習通りにうまく下げまでいきました。ちゃんと笑いも取っていたので、4回目と自ら白状せんかったら、わからへんかったのにと思った次第ですが、マスクもいいし将来楽しみな若手です。何より八天師匠が手とり足とりしっかりと教えてはったのが印象的で羨ましかったです。さらに八天師匠のお気遣いは、ほんまにありがたいことで、なんと開口一番を「かわりめ」で演じてくれはりまして、本日は「子猫」と「算段の平兵衛」と合計3席も頂戴しました。

haten 044

やはり人柄が出ます。ニンに合うた話というのでしょうか。その方が聞く者としては安心して落ち着いて聞くことができるようです。「子猫」は、番頭さんが特に秀逸でした。番頭さんの葛藤と恐怖と人の良さが入り混じってずるずるになった表情は、必ずもういちど見てみたいです。そして、待ってました!「算段・・・」寺西美紀さんの三味線と八斗さんの習いたてのドラが効果てきめんで、ぐるぐる回ってくる場面展開がよくわかりました。八天さんの表情を見ていると、ほんとは悪役の平兵衛が、人助けの良い人に見えてくるのも不思議なことでした。次回は、八天師匠の新作ネタもお願いしたいですね。
<平成21年7月26日はまかぜプラザ>

ろうきん友の会20TH その3

松喬一門会 083
さて平成21年7月5日(日)15時開演の、ろうきん友の会20周年記念落語会のトリは、六代目笑福亭松喬師匠の「禁酒関所」でした。小浜市働く婦人の家大ホール満員のお客様も大満足の1席。何と言うかテンポというか言葉のスピードが、ほんまに心地よいのですわ。マクラからもう完全に出来上がってしまってますから、あとは師匠の思いのまま。番頭から丁稚からお侍まで、お客様の頭の中のスクリーンにきっちりと映し出されている様子。師匠が体を揺らすと、お客様の肩も揺れるような塩梅で話が進みます。この噺もじつによくできたストーリーで、アイデア合戦から復讐戦に変わるところがいいですねえ。お侍がかわいそうだと思うお客さんは、何人くらいいてはるでしょうか。ほとんどいてへんでしょうねえ。この噺ができた背景には、庶民の侍中心の社会に対する風刺が効いていて、その歴史的背景には現代にも通じる、、、、なんて野暮なことはなしにして、純粋に松喬師匠の世界にどっぷりと浸る心地よさを感じていただけたと思います。いやあ、せやから落語がすっきやねん。
プロフィール

ちりとて落語の会

Author:ちりとて落語の会
「ちりとて落語の会」は
若狭地方に落語文化を根づかせていくことを目的とした住民有志の会です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ようこそ!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。